2007年03月05日

asahi.com 75歳以上に「かかりつけ医」 厚労省、新制度を検討

75歳以上に「かかりつけ医」 厚労省、新制度を検討

厚生労働省は2日、75歳以上の高齢者向けに、公的な「かかりつけ医」制度を08年をめどに創設する方向で検討に入った。特定の開業医が患者の心身の状態を普段から把握し、外来診療から在宅ケア、みとりまで対応する。患者が信頼できる医者をもつことで、入院から在宅治療への高齢者医療の転換を促し、医療費を抑制する狙いもある。患者への協力を求めると共に、かかりつけ医に支払う診療報酬を手厚くして普及をはかる考えだ。(07年3月3日)
posted by 資格図鑑 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

読売 「がん治療認定医」制度発足へ、日本医学会が調整

2005年6月30日 読売新聞より

 日本医学会(高久史麿会長)は29日、がん治療の専門性を高めるため、新たに「がん治療認定医」制度を発足させると発表した。

 がん治療をめぐっては、内科医が中心の日本臨床腫瘍(しゅよう)学会(会員約3000人)と、外科医中心の日本癌(がん)治療学会(同約1万4000人)がそれぞれ別の専門医制度を作る方針を表明。患者団体から「混乱する」との声が寄せられており、日本医学会が調整に乗り出していた。


詳しいことはこちらへ。
posted by 資格図鑑 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

読売 腹腔鏡手術、半数が不合格…一線の医師対象に初テスト

2005年6月14日 読売新聞より

がんの手術などで、患者の体への負担が少ない腹腔(ふっくう)鏡手術の経験を積んだ医師を対象に、日本内視鏡外科学会が初めて行った技術認定審査で、消化器・一般外科領域の全体の合格率が53%にとどまり、約半数が不合格になったことが14日わかった。


この記事とは別に、読売新聞は、ここ数日「専門医」を特集しています。「75%が“年功”で資格 (2005年6月15日)」など、 こちらもなかなか興味深い。
posted by 資格図鑑 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(2) | 医師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。