2007年03月27日

西日本新聞 「准介護士」創設へ 厚労省 国家試験合格問わず

「准介護士」創設へ 厚労省 国家試験合格問わず

厚生労働省は24日までに、大学や専門学校などで介護福祉士の養成コースを修了した卒業生を対象に、国家試験に合格しなくても取得できる「准介護福祉士」の資格を新たに設けることを決めた。昨年、フィリピンとの間で結ばれた経済連携協定に基づく介護士受け入れを進めるため、試験に不合格となっても働ける新資格が必要と判断した。

 今国会に提出された「社会福祉士・介護福祉士法改正法案」に、介護福祉士の資格を取得するには国家試験合格を要件とする一方、「准」資格の創設を盛り込んだ。2012年度から実施を目指す。(07/03/25)
posted by 資格図鑑 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護福祉士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

神戸新聞 福祉職場の人手不足 悲鳴上げる介護現場

福祉職場の人手不足 悲鳴上げる介護現場

介護労働安定センター(東京)が〇五年に実施した調査によると、介護職員全体の月間実質賃金は平均十七万二千四百円。非正社員が七割強を占めるヘルパーの場合は、月平均八六・八時間働いて十一万千五百円だ。

2007/02/24
posted by 資格図鑑 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護福祉士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

YOMIURI ONLINE 介護福祉士に上級資格 厚労省、創設へ

介護福祉士に上級資格 厚労省、創設へ

運営管理や重症者ケア処遇改善期待も

 厚生労働省は5日、重度の認知症患者などを世話し、介護事業で指導的役割を担える介護福祉士の上級資格として「専門介護福祉士」(仮称)制度を創設する方針を固めた。

 近く有識者会議を設置し、2007年度中にも制度の具体的な内容を決定する。「仕事がきつく、給料が安い」とされる介護福祉士は人手不足が深刻化しているため、新制度創設により、待遇改善などにつなげたい考えだ。

(2007年3月6日 読売新聞)



posted by 資格図鑑 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護福祉士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

静岡新聞 介護福祉士実技試験免除の技術講習 県内受講施設足りず

5月12日 静岡新聞より

定員200人に申請1200人 「国家試験なのに」不平等と不満の声

これからの介護保険サービスの中心的役割を担う介護福祉士の国家試験の実技試験が、本年度から介護技術講習(32時間)と実技試験の選択制に変わった。しかし、講習実施機関として国が指定した県内の介護福祉士養成施設(大学や短大、専門学校)6施設のうち講習を実施するのは3施設だけで、講習定員は200人弱。講習申し込み窓口となっている県介護福祉士会には既に1200人の受講申請があり、8割以上が県内で受講できない状態に陥っている。スタッフに余裕がないなど施設側にも事情があるが、福祉関係者からは「国家試験なのに平等性が保たれない」など不満の声が出ている。


いくら何でも制度として杜撰。それから、この後の記事に出てくる「背景には介護保険サービスの質を確保するため、ヘルパーなどの介護職を介護福祉士に1本化する動きなどがある」というのはちと説明不足。介護福祉士の資格取得方法には、いくつかのルートがあるが、その一つに「3年以上介護等の業務に従事した者で介護福祉士国家試験に合格したもの」というのがある。たとえばヘルパーを3年やると、国家試験の受験資格が生まれる。そういった人たちのための制度であることを言わないと、意味がよくわからないと思う。



posted by 資格図鑑 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 介護福祉士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。