2007年03月27日

livedoor career 『資格』を取るのはお金のため?スキルアップのため?

『資格』を取るのはお金のため?スキルアップのため?

エンジニアにとって、資格は自分の知識を積み上げ、スキルアップするうえで目安となるもの。最近はより専門分野に則した資格も続々登場しつつある。その資格取得の目的や資格手当の現状、手当への満足度をアンケートで尋ねた。(取材・文/広重隆樹 総研スタッフ/宮みゆき イラスト/kucci(クッチー) 撮影/加納拓也)
posted by 資格図鑑 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | IT資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

2007年02月19日

Japan.internet.com:約3分の1の IT エンジニアが資格を持っていないと回答

約3分の1の IT エンジニアが資格を持っていないと回答

情報処理技術者試験の資格を持っていなければ、パッチをあてられなくなるかもしれない――。経済産業省が昨年10月に設置した人材育成ワーキンググループで、現在技術認定試験として位置付けられている同試験を資格試験にするべきとの議論がなされている。

そこで今回は、IT エンジニアがどのような資格を取得しており、どのような資格を役に立つ(あるいは実際に役に立った)と思っているのか尋ねてみた。

インターネットコム株式会社とJR 東海エクスプレスリサーチが行った IT 関連資格に関する調査によると、資格を持っていない IT エンジニアが全体の約3分の1を占めることがわかった。
posted by 資格図鑑 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(1) | IT資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ITmedia:情報処理技術者試験を抜本改正 「初級」を導入、判定も細分化

情報処理技術者試験を抜本改正 「初級」を導入、判定も細分化

2007年02月19日 12時07分 更新

経産省はPG・SEを対象にした国家試験「情報処理技術者試験」を13年ぶりに抜本改正する方針だ。初級レベルを新設するほか、習熟度に応じて細かな判定がえきるように改める。

 経済産業省は18日、プログラマーやシステムエンジニアなどを対象とした国家試験「情報処理技術者試験」を13年ぶりに抜本改正する方針を固めた。初級技能レベルの認定を新たに設けるほか、習熟度に応じて細かな判定ができるように改める。企業活動のIT(情報技術)化が急速に進む中で技能レベルを再編し、企業の人材ニーズに応じた国家資格制度と位置付けてIT産業の競争力強化につなげる。

 経産省では試験の改正点などを3月中に整理したうえで、産業構造審議会(経済産業相の諮問機関)で議論し、5月にも改正案をまとめる方針。19年度から新方式で一部運用開始を目指す。

posted by 資格図鑑 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | IT資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

2005年05月25日

ケータイwatch MCPC、携帯システム構築の資格認定制度スタート

2005年5月19日 ケータイwatchより
 モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)は、携帯電話などのモバイル機器のシステム構築に関する資格制度「MCPCモバイルシステム検定制度」を7月より開始する。

 「MCPCモバイルシステム検定制度」は、システムエンジニアやコンサルタント、IT企業の営業担当者などを対象とした、モバイルコンピューティングシステムの構築に関する資格制度。ワイヤレス通信、携帯機器、モバイル関連ミドルウェア、携帯コンテンツ、携帯アプリケーションに関する技術など取り上げる。


何人かに話はきいたものの、IT業界のなかでの資格のもつ意味って、まだピンと来ないんですよね。ご意見、お待ちしております。
posted by 資格図鑑 at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | IT資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

インターネット協会、“インターネットにおけるルール&マナー検定”の2005年春夏版を開始

2005年5月12日 ASCII24より

(財)インターネット協会は12日、“インターネットにおけるルール&マナー検定”の春夏版を16日に開始すると発表した。子ども向けの検定“インターネットにおけるルールとマナー検定”も実施する。期間は7月10日までの2ヵ月間。併せて“個人情報保護検定(知っておきたいインターネットにおける個人情報保護)”も実施する。


検定の種類は「大人向け検定」「こども向け検定」「個人情報保護検定」の三種類。

受験料は無料だそうです。

インターネット協会

posted by 資格図鑑 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | IT資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

japan.internet.com 日本オラクル、基幹業務システム管理者向け資格試験を開始

5月2日 japan.internet.com より

日本オラクル株式会社は2005年5月2日、 5月11日から「ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g」取得試験、「Gold DBA 10g」を開始する、と発表した。

ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g は、同社の技術者認定制度「ORACLE MASTER」の最新の資格体系、「ORACLE MASTER Oracle Database 10g」資格のひとつ。


来年度の『資格図鑑!』では、IT資格を大幅にテコ入れしたいと、編集者サイトーは考えております。とりあげてほしい資格などありましたら、気軽にリクエストくださいな。

「オラクルマスターって何?」という方は以下のページをご参照くださいませ。

若手・新入社員SE・プログラマのためのIt-Newcomerのなかにある「オラクルマスターとは」の記事
オラクルマスター兄弟
posted by 資格図鑑 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | IT資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。