2005年07月03日

読売 「APEC建築士」登録制度、国交省が創設へ

2005年6月28日 読売新聞より

国土交通省は27日、一定の技術水準に達した建築士をアジア太平洋経済協力会議(APEC)の域内で活動できる「APECアーキテクト」として登録する制度を創設することを明らかにした。

7月1日から申請を受け付け、実務経験者や建築士としての実績などを審査する。

建築士の国際的な活動を支援するのが狙いで、日本のほか、中国、香港、米国、カナダなど12の国と地域が参加する。


国内だと飽和してますものね。
posted by 資格図鑑 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4821510

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。