2005年06月29日

NIKKEI NET 経団連、弁護士や会計士の派遣解禁を要望へ

2005年6月20日 NIKKEI NETより

日本経団連は2005年度の規制改革要望をまとめた。企業再生や合併・買収の増加を背景に弁護士や公認会計士、税理士、弁理士などの専門家を短期的に必要とする事例が増えているとして、人材派遣会社がこうした専門資格者を登録、派遣する業務の解禁を求める。金融、雇用・労働、情報通信など15分野で、247項目で規制改革の実現を求める。


専門系の人材派遣は大きな山ですね。これが通ると、資格取得者の働き方もけっこう変わるかも。
posted by 資格図鑑 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。