2005年05月07日

NIKKEI NET 病院の5割が「看護師が不足」・病院団体の全国調査

4月22日の記事から

「看護師が足りない」とする病院が約半分に及ぶことが、全国の医療機関でつくる病院団体「4病院団体協議会」の調査でわかった。患者を十分にケアするには必要な看護師数を確保することが大切だが、「増やしたい」とする病院が全体の半分近くに上る一方で、「採用は困難」とする病院が約7割に達している。理由として、「絶対数の不足」や「賃金の低さ」を指摘する声があがった。


看護師の給料については、『資格図鑑!2006』でもコラムで触れています。ちょこっとだけ抜粋しておきますね。

 国公立病院で働く場合は、公務員の給与規定で決められる。看護学校卒の1年目で年収400万円前後、10年目で600万円前後。ただし2004年の独立行政法人化で大幅なリストラ、賃金カットがはかられ、新規の正職員就職も厳しくなった。
 民間の場合は病院によってけっこう格差がある。平均値は国公立と同じくらい。(以下略)

posted by 資格図鑑 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 看護師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3473485

この記事へのトラックバック

医療
Excerpt: 医療医療(いりょう)は人間の健康の維持、回復、促進などに対して使われる広範な意味を持った語。実際の活動は医療行為、医療活動などと呼ばれ、それに関する技術などは医療技術などと呼ばれる。医療行為と一口に言..
Weblog: 代替医療
Tracked: 2005-05-07 03:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。